桜

​​薬師院について

お寺の縁側.jpg
花アート
​本尊

​第2次世界大戦の岡山大空襲により、大本堂・観音堂・大師堂・護摩堂・経蔵をはじめ客殿・庫裡、その他に茶堂・鎮守堂・鐘堂・仁王門など堂宇の数多く連なる伽藍は全焼しましたが、等身大金銅佛の御本尊様「藥師瑠璃光如来」は前もって避難し御安泰でした。『備陽記』岡山平醫山略縁起に、以下の如く記されています。

平醫山圓覚寺造立の由来を尋ぬるに、昔、当備前国平井山の沖に一つの大なる光り物あり、西方より飛び来る。其の光四方に輝きければ、諸人これを怪しみ、船を浮かべて網を海中に投じけるに、則ち是れ藥師如来の金像にて、其の丈六尺五寸、明光赫奕たるを引き上げ奉る。其の何方より此海に沈み給ふかを知る人更になかりしが、忽ち一人の尊き人現れ来りて、告げて曰く。
 此の金像は昔時、釈尊天竺摩加陀国に於いて、自ら閻浮檀金を以て七佛藥師の像を造り給ひし内の一つにして、今此の土地の衆生を化導し助け給わんが為、来現せられしなり、と。言ひ終わって、消すが如く何所にか失せにける。


 是より国人、大いに藥師如来を信仰し、此の地に荘厳なる一堂の寺を建立して、金像を安置す。即ち圓覚寺これなり。謹みて而も藥師経を按ずるに、広厳城に於いて文殊菩薩、釈尊に伺って諸佛の名号殊勝の功徳を問ひ給ひし時、釈尊は藥師如来「本願功徳」の至って深き事を説き給ひ、若し善男善女あって、藥師如来を供養せんと願はば、此の如来の形像を造立し奉るべし、と述べ給へり。是を以て惟みれば、彼の尊き人の言ひける事、確かに疑いなきことを知り得たり。

 年来、此の佛像に向ひ如何なる事を祈願するも、その霊験、響くが如くにして願意立所に成就せざることなし。其の昔時国家に災厄の有りし時、此の佛像の、肌に汗を流して諸人に知らせけるが如き、其の感応、決して幾度なるやを図り難し。今此の寺に詣ずる人、正しく東方浄瑠璃世界に至るの心地して、信心祈念せば衆病悉除の大誓願を蒙り、現当二世心身安穏の楽を受くる事、何の疑かこれあらん。
元和六年と寛永十八年の両度、仁和寺法務親王、令旨を時の住持僧に賜はり、前記の諸事を感じて後代の鑑と為し給ふ。誰か豈に尊敬せざるを得んや。

 
本堂正面
花アート
​本堂と客殿

五間六面の大本堂も、上道郡沼城の桃山時代書院を移築した客殿も、戦火にて焼失しました。戦後の復興に先駆けて昭和二十一年に仮本堂を、昭和二十四年には庫裡を建設し、一応はお寺の姿に再興、市民と檀信徒の教化・信仰の依所として宗教活動を再開しました。その後、昭和五十六年に現在の新本堂と講堂・客殿が完成し、平成三十年の新佛殿完成により、ようやく復興計画が一段落したところです。現在の本堂は戦前の大本堂と同じ立地にあり、旧堂をモデルに現住職が再現設計に鋭意参画したものです。

客殿
もみじ
花アート
​住職紹介

(「古刹巡り」第59回のインタビューより抜粋)

現在の第三十三世光法住職は東京大学とハーバード大学の大学院でインド哲学・サンスクリット語学を専門に研究され、帰国してお寺を継がれてからは、檀家さんたちに請われて仏教法話の会を続けておられました。


≪人を救うのは学問でなく宗教≫
文献学者として特に仏教を見つめてこられた光法住職は、その経験から「学問や科学の世界はロゴス(論理・理屈)が際立ち、情愛と心の世界がないがしろになる。実際に、悲しみ苦しんでいる人を救えるのは学問ではなくて、宗教だ」という持論。
「例えば、真言宗の両界曼荼羅の世界。金剛界はこの世の真実を見きわめる智慧の働き、胎蔵界は生命をはぐくむ母胎のような温かい大悲の心、を指しています。この両界が互いに補い合い、監視しあっていてこそ何事でも、この世でうまく完成します。決して一方だけに片寄ってはいけません。これは、弘法大師の大切な『不二』という教えです」と。
昨今の葬儀についてお伺いすると、「形が変わるのは、時代の流れの中で致し方ないことです。つまり、《諸行無常》。大切なのは、人の心の「あり方」のほうではないでしょうか。法事・法要も含め、とかく簡素な方向へ流れがちですが、ご遺族のお心(心情)を十分にお伺いし、その上でのアドバイスは必要だと思います。仏教の《無我》には、相手を立てるという意味があります。自分が先に出ては、仏教に携わる資格はありません。こちらの思いを一方的に押しつけないこと、これが仏教の基本です」と語ってくださいました。
住職のご子息、光敬師(副住職)は「古くからのしきたりや伝統から外れるような要望は、それが考え抜いてのことなのか、あるいは思いつきなのか。その辺の熱意にもより、真言の教義から大きくかけ離れたところがあれば、あるべき理由をお話しさせていただき、より多くの選択肢を考え、紹介し、納得いく結論を一緒に探していきます。そもそも葬儀は、一生のけじめであり、どなたにも安心していただくための儀礼ですから、後々の憂いになるようなことがないよう、時には家族葬や直葬の弊害もご説明いたします」と話してくださいました。

 
戦前の旧本堂
内 陣
戦後建立の仮仏堂